綺麗な肌へ

ほくろでお悩みの方必見!病院でお手軽治療

病院で治療を受けよう

鏡を見る女性

いくつかの治療法がある

ほくろの治療法にはいくつかの方法があり、特に病院でできるものに人気が集まっています。病院のほくろの治療は確実にできるので、安心感を持つ人が多いです。市販薬を塗ってほくろを治療する方法もありますが、時間がかかり確実に治療できないこともあるので、病院に行く人が少なくありません。小さなほくろだったら、市販薬で治療できることもあります。しかし、体質によっては市販薬を使うと副作用が出ることがあるので、病院の指導を受けながら使用した方が良いでしょう。また、現在病院で行われている治療方法の中では、レーザーを使ったほくろ治療が一般的です。このレーザーを照射してほくろを取り除く治療には、皮膚に負担をかけないという大きなメリットがあります。外科的な手術によっても取り除くことができるのですが、その場合は皮膚に負担がかかることもあります。強い痛みはないのですが、手術後に麻酔が切れた時に痛みを感じる場合もあります。しかし、レーザーで除去すれば皮膚に傷が残ることはほとんどありません。人によっては痛みを感じることはありますが、手術にくらべたら痛みは小さいです。皮膚に貼る麻酔薬があるので、それを使えばレーザーを当てる時の痛みをかなり小さくできます。通常は1回で終わるのですが、炭素ガスのレーザーを当てて皮膚の水分とほくろの組織を蒸発させていくので、根が深い時は複数回の治療を行うことがあります。この方法を使うとまわりの組織への影響が少なくなり、出血量も少なくて傷の治りも早いです。また、レーザーによる除去には、別の方法もあります。この方法では、レーザーをほくろに当てて軽いやけどを起こし、それを取り除きます。この方法も確実性があり、人気があります。やけどを起こすので痛みがあると思う人もいますが、強い痛みを感じることはありません。ほくろが小さい場合は、麻酔をしないでも手術ができる場合があります。病院によって若干の違いはありますが、レーザーを使う除去にかかる費用は1万円程度です。この費用は、大きなものになるとすこし高くなることがあります。そして、外科的な手術はレーザーを使う方法よりも痛みを感じる場合があります。しかし、極端に強い痛みを感じることはありません。保険を使って治療できるので、費用がそれほどかからないメリットがあります。通常は1回の手術で終了となり、傷の跡に止血用の軟膏を塗ります。切った範囲が大きい場合は縫合することもあります。この方法の費用は、保険を使って3300円程度です。また、上記の方法にくらべて普及していないのですが、電気で分解する方法もあります。高周波を当てて組織を蒸発させることで、ほくろを除去します。痛みが少なくて、傷の治りも早いです。ただし、大きいものを除去できないことがあります。このようにいくつかの治療方法があるので、医師と相談をしながら治療方法を決めていくとよいでしょう。費用についても初診のカウンセリングで教えてくれるので、安心して治療に専念することが出来るでしょう。

様々な方法があります

カウンセリング

ほくろの治療は、ほくろの大きさや状態に応じて様々な方法があります。悪性のものだと、切除後に縫い合わせる切除縫合法を用いられることが多いです。しかし、良性のほくろの場合は、傷跡を目立たせないレーザー治療がお勧めです。

医療機関で除去できる

顔を触るウーマン

ほくろをなくしたいときは皮膚科や形成外科、美容クリニックなどに行けば、くり抜き法や切除縫合法、レーザー治療などで除去することが出来ます。経験豊富な医師に任せれば傷跡が残らないので、実績のある医療機関に行きましょう。

医療機関に相談しよう

カウンセリング

ほくろは気になる部分にあったり、数が多くあったりするとなると気になってきますが、メイクで隠すのは困難なことです。そんな場合は医療機関による治療も検討してみてはいかがでしょうか。治療方法はレーザー照射やメスを使った手術があります。

施術の種類とその違い

鏡を見る女性

ほくろ治療には様々なタイプの施術があり、一般的な方法として、炭酸ガスレーザーなどが挙げられます。その他にもメスによる切開と縫合、円筒状の器具によってほくろ部分をくり抜く方法など、様々なタイプの治療が可能です。

Copyright © 2017 ほくろでお悩みの方必見!病院でお手軽治療 All Rights Reserved.