ウーマン

ほくろでお悩みの方必見!病院でお手軽治療

医療機関に相談しよう

カウンセリング

レーザーで除去

肌の悩みにも多くの種類がありますが、ほくろで悩んでいる人も少なくありません。ほくろもチャームポイントとなることがありますが、あまりに大きいもの、目立つ部分にある、顔にいくつもあるとなるとやはり気になってくるものです。小さなものであればコンシーラーなどのメイクで工夫すればかなり目立たなくすることもできますが、大きなものや盛り上がっているものとなるとメイクで隠すのは困難となってしまいます。そして、こうした悩みはスキンケアなどの努力では改善が難しいものがあり、あきらめている人もいるのではないでしょうか。気になるほくろがある場合は医療機関に相談してみることがおすすめです。ほくろも時には悪性のものもありますので、しっかりと検査をすることが大切ですが、問題なく除去できるものも多いものです。こうした治療は美容皮膚科や美容外科で行われていますので、まずはカウンセリングを利用し、それぞれに最適な治療方法を選んでいきましょう。まれに悪性腫瘍である場合もありますので、病理検査もしっかり行ってくれる医療機関を選びましょう。そして、除去の方法としては、まずはレーザー治療があげられます。この場合は気になる部分に照射を行うことで取り除くことができますので、治療時間も短く抑えることができますし、メスを使う必要もありません。メスを使わなくて良いとはいえ、やはり痛みも気になるところですが、照射の前には麻酔も行ってもらうことができますので、痛みを感じずに治療を行うこともできます。レーザーはどちらかというと、小さく浅いほくろに向いており、縫合の必要もないので抜糸する手間もありません。盛り上がりのある部分や黒くなっている部分だけに反応しますので、周辺の肌を傷める心配もありませんし、出血もほとんどありません。そして縫合が難しい場所でも治療できるというメリットがあります。大きなものの場合はきれいに取り除くことができなかったり、再発のリスクもあったりしますので、レーザーだけで除去が困難と判断されたら手術を選ぶ場合もあります。手術を行うとレーザー照射と比較して治療の時間もやや長くなりますし、縫合する必要もありますが、大きく深いほくろでもしっかりと取り除くことができます。摘出したものを病理検査に出すこともできますし、取り残しがないかも確認できるので再発のリスクも少なくなります。治療も保険適用ができるもの、自費診療となるものがありますので、治療前にはこちらもよく確認しておくことがおすすめです。きれいに取り除くことができることはもちろん、取り除いた跡ができるだけ目立たないことも大事ですので、高い技術力で対応してくれる医療機関を選びましょう。

Copyright © 2017 ほくろでお悩みの方必見!病院でお手軽治療 All Rights Reserved.