ウーマン

ほくろでお悩みの方必見!病院でお手軽治療

施術の種類とその違い

鏡を見る女性

切除とレーザー施術

ほくろは顔立ちに個性をプラスしてくれる要素だといえますが、場所や大きさによっては目立ちやすく、コンプレックスになることもあるものです。たとえば額、目の上などに大きめなほくろがあるなどの場合、気になってしまう方も多いでしょう。通常のほくろは、母斑細胞が集まったものであり、健康に害があるものではありませんが治療によって取り除くことも可能です。ほくろ治療にはいくつか種類がありますが、その中でもっとも一般的なのは、レーザーを用いた方法でしょう。医療用レーザーを用いた施術では、ほくろの細胞を破壊する、削るといった治療が行われます。もっともスタンダードな除去方法として、炭酸ガスレーザーを用いる治療が挙げられ、この方法はほくろの深さに合わせて、調整しながら施術を行えるというメリットを持っています。再発しにくく、傷跡も残りにくいことから多くの人に選ばれている治療方法です。また、黒い色に反応するレーザーを用いた治療もあり、こちらは比較的浅いタイプのほくろに適してるといわれています。シミやあざなどの改善にも使用される方法であり、肌への負担が少なく、綺麗に治せるのが魅力です。ただし、炭酸ガスレーザーと比較すると再発しやすい傾向があるため、根が深いタイプのほくろには適していないでしょう。大きなサイズのほくろを除去する場合にはメスを使用して切除し、縫合を行うといった治療も多く用いられます。この方法は、皮膚を一部ですが切開するため、施術後には数日ほど痛みが続くとされています。ごく小さなキズですが、抜糸まで一週間ほどかかるなどレーザーと比較するとやや負担が大きめかもしれません。メラノーマなどの可能性がある場合は手術後、組織のサンプルを使用して病理検査などが行われます。比較的小さいサイズであれば円筒状の器具を用いて、ほくろ部分をくり抜くという施術が適している場合もあります。くり抜き法のメリットは、ごく短時間で施術が終わり、傷跡も目立ちにくいという点にあるのでしょう。レーザーよりも深く除去できるため、再発率が低いという利点もあります。この他に電気メスを使用した方法もあり、こちらは電気凝固法と呼ばれています。皮膚が隆起している場合などに用いられ、数回に分けて施術を行い、削っていくという方法です。この治療方法は、メスによる切除と併用して行われる場合もあります。どの施術方法が適しているかは深さや大きさなどによっても異なるため、クリニックで医師と相談をして決定することになります。様々な治療方法がありますが、それぞれ費用や治療にかかる時間、再発率などに違いがあるため総合的に判断することが大切だといえるでしょう。

Copyright © 2017 ほくろでお悩みの方必見!病院でお手軽治療 All Rights Reserved.