ウーマン

ほくろでお悩みの方必見!病院でお手軽治療

医療機関で除去できる

顔を触るウーマン

一回では終わらないことも

顔や首などに目立つほくろがあるので、取り除いてスッキリしたいという方は、お近くの医療機関に相談するようにしてください。民間療法などを用いて除去することも出来ますが、余計に大きくなったり、傷跡が残ったりすることもあるのでやめた方が良いでしょう。医療機関で専門家による治療を受ければ、綺麗に取り除けるので美しい仕上がりにしたいなら、自分で無理に取り除くのは避けるようにしましょう。ほくろ治療を受け付けている医療機関は皮膚科や形成外科、美容整形外科などでケースによって保険が適用されることもあれば、適用されないこともあります。一般的に切除した後に縫合するような手術は保険が適用されますが、レーザー治療は全額自己負担となります。費用が気になる方は、カウンセリングの際に確認しておくようにしましょう。人によってほくろの大きさや形、位置などが違うので、除去方法もさまざまです。カウンセリングを受ければ、担当医がもっとも良い除去方法を考えてくれるので、それに従うようにしてください。およそ5mm程度の大きさであった場合は、くり抜き法で除去することがあります。医療用の特殊な道具やメスを使用し、患部を円形にくり抜いたあと、その周囲を巾着状に縫い縮めます。皮膚の修復力が高い、顔に出来ているものを取り除きたいときに向いています。一般的に行われているのは、メスでほくろそのものを切除してから縫合して抜糸する、切除縫合法です。この治療で気を付けなければならないのは、経験豊富な医師に任せることです。経験が少なく技術が低い医師に任せると傷跡が目立つので、実績のある医療機関に行くようにしましょう。保険は適用されませんが、黒い色に反応するレーザーを照射し、細胞を破壊して取り除く、レーザー治療も効果があります。色が濃いほど痛みを強く感じますが、色が薄かったり、小さかったりする場合は麻酔の必要はありません。メスで切開することに比べると傷跡が目立ちませんが、大きさや濃さによっては一回では終わらず、複数回クリニックに通う必要があります。レーザー治療で気を付けることは、保険がきかないので高い料金を支払わなければならないことと、レーザー照射後はシミの治療と同じく、紫外線対策をしなければならないことです。日焼けをすると肌トラブルが起こるので、十分注意しなければなりません。照射後はステロイド剤を塗布し、テープを貼って保護し、傷が落ち着くのを待ってから次の治療に移ることになります。炭酸ガスレーザーやQスイッチレーザー、ロングパルスレーザーなど、レーザーにも種類があります。どのレーザーが向いているのかは人によって違うので、まずはお近くの医療機関に相談に行くようにしましょう。

Copyright © 2017 ほくろでお悩みの方必見!病院でお手軽治療 All Rights Reserved.